HOME > 施工事例

施工事例

その他の施工事例一覧

スイングドアの安全対策

保育所トイレにてスイングドアの指詰め防止装置取り付けしました

保育所にて、トイレのスイングドアの隙間に指を挟まれる事故が発生しないようにしたい、という依頼をいただき、このような安全対策を考えてみました。

e68c87e381a4e38281

efbe84efbdb2efbe9aefbcbfe585a8e699af

e8a9b3e7b4b0

さまざまな色が選べ、かつ耐水性のテント素材なので、保育所のかわいい雰囲気を損なうことなく対策できました。

大型パトライトカバー

大型車載型パトライトカバー

パトライトカバーは以下のようなものも製作可能です。
※ここで使用しているテント生地の寿命は約3年です。

パトライトカバー_生地のみ

パトライトカバー_側面

パトライトカバー_裏面

パトライトカバー_全景

各種タイプ実機持ち込みにて製作いたします。ぜひお問い合わせください。

簡易屋根防水工事について

簡易屋根防水工事について

老朽化したコンクリート建物の本格的な防水工事はかなり高額になります。
しかし、あと2-3年持てばという場合、このような方法だと安価に対策できます。
※ここで使用しているテント生地の寿命は約5年です。

施工中

施工中2

施工完1

施工完1

施工完2

施工完3

パイプテントの使用例(運動会の場合)

斜めから

正面から

e58897efbcbfe4b88be3818be38289

パイプテントの使用実例を紹介します。

近所の小学校の運動会で使用されました。
これは、市の防災用テントと卒業記念テント(共に当店納品)との
コラボレーションで計15張設置されました。

大きさはすべて3号(3.6m*5.4m)です。
この大きさが一番建てやすく使い勝手がよいので、迷ったら
このサイズで間違いないと思います。

当店のパイプテントの特徴は、

 1. 防災スペックなのでイザというときも丈夫で安心に使用できます
 2. 全部品国産メーカー品なのでメンテ体制も万全(自社縫製します)
 3. 当店特注品の防汚+防炎シートなので手入れも簡単

です。
寄贈品や防災品のように、永く使用したいテントをお探しの場合は
当店までお問い合わせください。名入れや一部透明生地など、
ご要望に副った提案からいたします。
(遠方への郵送も可能です)

#納品した市防災用テントが小学校教科書に載りました。

教科書にも載りました。

跳び箱のシート張替え

跳び箱(張替え前)

跳び箱(張替え後)

跳び箱(張替え後)詳細

跳び箱の生地張替えです。

跳び箱のシートは手の当たる角の部分から破れてきます。そのまま使用すると指がひっかかったりして、危険が高くなりますので、部分補修するよりも、全面張替えをお薦めします。

生地は標準的に使用される吸水性の高い純綿帆布6号です。
幼児用から大人用まで大小さまざまなタイプの張替えいたします。
このようなことも承りますのでご相談ください。

防災用、煙体験テント「モクモクハウス」のご紹介

もくもくハウス(全景)

出入口を開けたところ

出入り口(透明仕様)

もくもくハウス使用例

煙体験 「モクモクハウス」 です。

近年の防災訓練では、「煙体験ハウス」 は欠かせない設備となっています。
火災の時の煙は、想像以上に恐ろしいものだということは、このような体験していないとなかなか解らないものです。

地元消防担当の依頼で製作しました現場の意見を取り入れたオリジナル仕様です。
特徴は、

 ・市販のパイプテントのフレームを流用していますので、組み立て簡単。
  各部品の交換も容易
 ・量産品と比べ、3.6mx5.4mと広いので、蛇行させるなどの仕掛けを自由にレイアウト可能
 ・角部分はマジックテープで固定するので、生地の脱着かんたん
 ・隙間も少なく、スモークの洩れが出にくい
 ・出入口も透明ビニール使用で中の様子が見やすい
 ・スモーク用の専用口を設けてある

等など、このように御要望どおりの仕様にて製作できるのも手作り品ならではです。

また、かしこまって堅くなりがちなこのような設備も、楽しげなロゴで雰囲気を和らげ、
各種お祭りイベント会場にも馴染みます。(このようなロゴ開発も当店にていたします)

使用するスモークはレンタルのスモークマシンでOKです。

補修も承りますので、学校や自治会の備品として末永くお使いいただけます。
一台いかがでしょうか?

もくもくハウス2号

#2号も製作しました。

#雨天用に屋根勾配をつけた3号もできました。

遊具ドームテント

ドーム全景

後方より

内部より

天井部(補強つき)

小学校からの依頼で製作した 「遊具ドームテント」 です。

近くの小学校から、先生が竹でドームを作ったので、そこにテント
を被せて子供の遊び場にしたい、とのことでした。

母体が竹のものは初めてでしたが、なんとか出来るだろうというこ
とで、お引き受けしました。
早速、弊社に持ち帰り、型取りから始めました。形状も不安定で
骨も柔らかいので苦労しましたが、ピッタリとした仕上がりで、と
ても軽くて丈夫なものになりました。

聞くところによると、校内のヤギの出産の際に居場所としても。
利用されたようです。いろいろ使い道があるのですね。

吸水ポリマーの土のう袋

e4bdbfe794a8e5898d

e6b5b8e6b0b4e4b8ad

e7a98de381bfe4b88ae38192

使用前                 吸水中                 使用例

緊急災害用の 「吸水性土のう袋」 です。

昨夏の岡崎の大雨は記憶に新しいところです。
しかし、浸水対策品というのは普段からなかなか用意できないものです。
仮に用意したとしても、悪天候の中、砂を入れたりすることは意外と難しいものだと思います。

そこで注目を集めているのが、紙おむつなどにも使用されている 「吸水ポリマー」 を利用したこの
製品です。

パッケージから出した状態では600×360×8mm、重さ0.4kgの薄い麻袋ですが、充分な量の水に
浸けて5分間待つと、重さ15kgの 「土のう」 へと早変わりします。

使い方は、一般的な 「土のう」 と同じです。

使用されている吸水ポリマーは、人体はもちろん魚類やミジンコなどの水中微生物に対しても安全性
の高いものを使用しています。麻袋は元来自然素材ですし、フィルムパッケージは塩素系フィルムを使
用していないため、焼却してもダイオキシンが発生しない安全素材です。

使用後は2週間ほどで乾燥しますので、そのまま一般ゴミとして廃棄できます。
公共施設・車庫・地下室などの備蓄用にいかがでしょうか。

当店ではこのような防災商品も扱っていますので、ぜひお問い合わせください。

ページ上部へ