HOME > 施工事例

施工事例

ネットの施工事例一覧

鳥侵入防止ネットの提案(防鳥対策)

防鳥対策について

毎年、春になると各地で鳥による被害が報告されます。

ゴミ集積場はもとより、ベランダ、工場・倉庫、店舗内など種類や場所もさまざまです。
対策の中から、ここでは安価で確実なネットによる対処方法をご紹介します。

まず、網目の選定です。これは防ぎたい鳥の種類により、おおかた決められます。
 15mm角以下—–スズメ・ツバメなど
 37.5mm角以下—ハト
 100mm角以下—-カラス
という具合です。材質は多くの場合、耐候性と高いコストパフォーマンスの、
ポリエチレン(PE)製を使用します。

ネットの網目の大きさ一覧

次に施工方法です。これは取り付ける部分により異なります。主な3種を紹介します。

<アンカー+ワイヤー工法>————————————————————————
 コンクリート面にアンカーボルトを打ち込み、そこへワイヤーロープを張り、ネットを取り付けます。
 鉄筋コンクリートの建物にて使用します。

アンカー+ワイヤー工法

<フラットバー工法>——————————————————————————-
 下地が鋼板の時に使用します。フラットバー(金属平板)をネットに編みこみビス止めします。
 トタンやボードの建物にて使用します。

フラットバー工法の施工前・後

<クランプ+ワイヤー工法>—————————————————————————
 H鋼などからワイヤーを持ち出す際に使用します。要所に付けられたクランプにネットを取り付けます。
 荷捌き場や工場内にて使用します。

クランプ+ワイヤー工法

鳥は配管や雨トイの隙間などのわずかな場所でも侵入してきます。細かい隙間の対策が肝心です。

特に近年は、鳥インフルエンザの発生とともに、渡り鳥など異種動物の侵入防止対策が重要さを増しています。

当店では、切り込み加工や、ウレタン詰め、耐候性のテント生地貼付、など細かなスキマまで恒久対策いたします。各種薬剤も併用すると効果もアップします。

一度、御相談ください。

ゴルフ練習用ネット

ゴルフ練習場_全景

ゴルフ練習場_基礎部

ゴルフ練習用ターゲット

自宅用の 「ゴルフ練習用ネット」 です。

正面が2重になっており、強打しても大丈夫です。
ネットはポリエチレン製の網目25mm(400デニール60本)のものを使いました。
基礎は柱部分に埋め込み基礎を据えてあります。

当社ではこのような商品も自社にて施工いたしますので安心です。
タイプやサイズもさまざまありますので、お問い合わせください。
ターゲットのような付属品も扱っております。

運動場の防砂ネット

/efbe88efbdafefbe84e789b9e6ae8aefbcbfe998b2e7a082efbe88efbdafefbe841-21

efbe88efbdafefbe84e789b9e6ae8aefbcbfe998b2e7a082efbe88efbdafefbe8411

学校運動場の 「防砂ネット」 です。

素材は軽量なポリエチレン製で、網目が1ミリ以下のラッセル織のものにしましたのでかなり細かい砂まで防ぐことができます。
ネットの周囲は、補強布とロープを縫い込んだものとし、何年も雨風に耐えられる仕様としました。

軒下の防鳥ネット

施工後

施工前

<施工後>              <施工前>

工場入り口用の 「防鳥ネット」 です。

工場ではハトやスズメなどの鳥が入り込み、大切な製品に糞を落とし迷惑をかけることがあります。
その原因として、入り口に巣を作ることがあり、シャッターの開いているわずかな間を狙って入り込みます。その居場所を作らせ無い様にするのがこの「防鳥ネット」です。
ポリエチレン製25ミリ網目は、スズメもシャットアウト。工場内に入り込む頻度が減りました。
色もグレイにして、目立ちにくくしました。

ページ上部へ