HOME > 施工事例

施工事例

荷捌場テントの施工事例一覧

製品まわりの雨よけ方法を紹介します(簡易篇)

雨の時期に活躍する商品の紹介です。

なたね梅雨、秋の長雨、梅雨など、日本年間を通じて雨の多い風土です。
そんな雨から、簡単に商品を守り快適に作業ができるアイテムを紹介します。

まずは、被せるだけの「 パレットカバー 」です。
これだけでもかなり効果があり、屋根の無い場所での使用にはピッタリです。
透明生地で作ることで中が確認できますので便利です。
当社では100種越える生地の中から御希望の生地にて製作可能です。

雨よけシート_パレットカバー

次は、2009-05-27 (水)にも紹介済みのリフト作業に最適化された「 パレテント 」

パレテント(使用イメージ)

メーカーサイト:「 パレテント 」

最後に転用事例を。
これは既設の製品ラックの庇に取り付けられた厚さ3mm長さ1mの短冊状のビニールです。

通常は出入り口に設置されるこの製品ですが、雨の降り込みを少なくでき、かつ上段の商品も取り出せるように出来るということで採用されました。御参考ください。

雨よけシート_タカシート全景

雨よけシート_タカシート内側

梅雨シーズン前に、パレット用雨よけテント 「パレテント」

パレットを使ったテント、「パレテント」を紹介します。

パレテント(イメージ)

雨天、屋根のない場所での荷物の移動は、大切な商品に気を遣い、大変効率が悪くなります。
そんな時にお役にたてる商品が、こちらの 「パレテント」 です。
これまでありそうで無かった画期的な商品です。

パレテント(特徴)

パレテント(使用イメージ)

特徴は、
・フォークリフトでパレットごと簡単に移動できます。
・現在お使いのパレットに簡単取付できます 。※1
・テントサイズは固定2タイプ、伸縮2タイプの計4種類あります。※2
・固定タイプは、収納した荷物の出し入れをフォークリフトを使用する頻度が多い場合や
 一時的に荷物を収納しておく場合におすすめです。
 伸縮タイプは、収納後の荷物を手作業で開封や検品する場合や、雨の日のみ屋根が必要な場合におすすめです。
・全てのメインフレームに強度のあるスチールメッキ加工品を使用しています。
・一般の方でも組み立て簡単にできます。

パラテント(参考図:SPT-15)

パレテント(参考図:SPT-18)

<価格>※送料は別途です。
SPT-15(左図)¥98,000(税込)    SPT-18(右図) ¥108,000(税込) 

※1–対応パレットサイズ  W:1,100mm/1400mm × L:1,100mm × H:1,500mm
※2–テントサイズ     W:1,500mm × L:1,300mm × 有効軒高:1,550mm

これからの梅雨のシーズン前に1台あると便利です。今のうちに準備されてはいかがでしょうか?

主な注意事項
・空荷または軽量物を入れた状態での屋外保管は突風等に煽られた場合たいへん危険です.
・また、勾配のある場所は避け、平らな場所に設置して下さい。

詳細は下記メーカーサイト参照ください。
http://www.san-e-protent.co.jp/products/palletent/index.html

荷捌場テント
<

p>荷捌き場

運送会社の荷捌場テントです。

テント屋根は軽量なので間柱の少ない大空間が構築できます。
天候に左右されず、安定した荷さばき作業ができますので、事故の削減にも貢献できます。

安全、快適な作業空間の創造をご検討ください。

ページ上部へ